中古車が買いたくなる自動車WEBマガジン

車椅子のまま乗れる福祉車両6選|車いすのまま乗れる車のタイプや注意點も解説

この記事では、車椅子のまま乗れるスロープタイプの福祉車両について解説します。中古車で選ぶ場合のポイントについても解説していますので、車椅子のまま乗れる中古車選びの參考にしてみてください。
ミニバンおよび軽自動車のおすすめ福祉車両もそれぞれ3選紹介しています。

Chapter
車椅子のまま乗れる福祉車両中古車のタイプとは
車椅子のまま乗れる ミニバンの福祉車両おすすめ3選
車椅子のまま乗れる 軽自動車の福祉車両おすすめ3選
車椅子のまま乗れる福祉車両中古車を選ぶときに気をつけることとは
車椅子のまま乗れる中古車の選択肢を把握して最適な一臺を選ぼう

車椅子のまま乗れる福祉車両中古車のタイプとは

トヨタ ヴォクシー 福祉車両

自動車メーカー各社は福祉車両をラインナップしています。 これらの福祉車両では、車椅子の対応として「シートへの乗り降りをサポートするタイプ」「車椅子のまま乗り降りするタイプ」があります。
シートの乗り降りをサポートするタイプでは、助手席が回転やリフトアップすることで乗降を助けます。車椅子のまま乗り降りするタイプは、福祉車両のリアのハッチゲートにスロープやリフトによって車椅子を乗せるようにできるというものです。

この記事では、車椅子のまま乗り降りするタイプの車両について紹介します。

ミニバン

普通乗用車の中でも人気のミニバンですが、福祉車両でもミニバンのラインナップが充実しています。

現在の各社のラインナップでも、トヨタは「ノア」「ヴォクシー」「シエンタ」の3車種、日産は「セレナ」「NV200バネット」の2車種、ホンダは「ステップワゴン」「フリード+」の2車種があり、好みに合わせて選ぶことが可能です。

背の高い軽自動車

車椅子のまま乗せられる軽自動車は背が高いタイプで、リアのハッチゲートを持ち上げた時にスロープを出せる仕様になっています。

現在、各社ホームページに掲載されているものでは、日産の「NV100 クリッパー リオ」やホンダの「N-BOX」、さらにダイハツはフレンドシップシリーズの中にタントスローパーやアトレースローパー、ハイゼットスローパーがあります。
スズキの福祉車両である「WITHシリーズ」には、スペーシア車いす移動車やエブリイワゴン車椅子移動車、そしてエブリイ車椅子移動車があります。 スバルには「トランスケアシリーズ」として福祉車両があり、スバルシフォンスロープタイプがあります。

車椅子のまま乗れる ミニバンの福祉車両おすすめ3選

スロープで車椅子を乗せられるミニバンには、「セレナ」のような2.0Lクラスのものと、「シエンタ」「フリード+」の1.5Lクラスのものがあります。以下でこの3車種について解説していきます。

トヨタ?シエンタ

トヨタ シエンタ ウェルキャブ

ミニバンとしてはコンパクトなボディーが特徴的です。現在販売されているモデルは2015年に発売となった2代目ですが、先代は2003年に発売となりました。中古車では初代のウェルキャブシリーズも販売されていることがあります。

車椅子の搭載方法でタイプI、タイプII、タイプIIIの3種があり、タイプIとタイプIIIでは車椅子を2列目に搭載可能です。タイプIIは1.5列目に車椅子(主にお子様向け)が乗り入れられるため、運転席から手が屆く安心感があります。

ホンダ?フリード+

ホンダ フリード+ ウェルキャブ

ホンダの小ぶりなミニバンで、車椅子仕様車は5名乗りの「フリード+」をベースとしています。
現行モデルは2016年発売の2代目ですが、中古車では先代のホンダ「フリード」をベースとした車椅子をスロープで乗せられるモデルも出ています。

日産?セレナ

日産 セレナ チェアキャブ

現行モデルが2016年発売の5代目となるセレナですが、車椅子をスロープで乗せられる中古車は2000年式の2代目からで、幅広い年式で検討できます。

現行車では車椅子を三列目に乗せる「車いす1名セカンド仕様」と、二列目に乗せる「車いす1名セカンド仕様」、さらに「車いす2名仕様」とバリエーションも豊富です。
また、「車いす1名送迎仕様」があり、全部で4タイプから選べます。

車椅子のまま乗れる 軽自動車の福祉車両おすすめ3選

スロープ付きでリアハッチ部分から車椅子ごと乗り込める軽自動車には、數多くのバリエーションがあります。
ここでは、ホンダ「N-BOX」、ダイハツ「タント」と姉妹車のスバル「シフォン」、スズキ「エブリイワゴン」と姉妹車の日産「NV100 クリッパーリオ」について、詳しく解説していきます。

ホンダ?N-BOX

ホンダ N-BOX+ ウェルキャブ

2011年に発売された初代からフルモデルチェンジしたのが現行の2代目モデルです。中古車として、先代モデルのウィルシリーズから市場に出ています。
通常使用時は大人4人が快適に過ごせるもので、リアシートもリクライニングが可能です。車椅子搭載時は倒した後席が床になり、空間を広々使えるように工夫されています。

ダイハツ?タント/スバル?シフォン

ダイハツ タント ウェルキャブ

2003年発売のダイハツ「タント」は、現在は2019年発売の4代目モデルが販売中です。2016年にスバル「シフォン」として、OEM供給されるようになりました。

中古車では初代モデルのスロープ付きモデルも見られ、幅広い年式のものがあります。ラインナップはスロープのみでなく、スロープ+助手席ターンシートという仕様を選ぶことも可能です。助手席への乗り降りも考慮されています。

スズキ?エブリイワゴン/日産?NV100クリッパー リオ

スズキ エブリイワゴン ウェルキャブ

1999年発売のスズキ「エブリイワゴン」は、現在2015年発売の4代目を販売中です。福祉車両の中古車は先代モデルからあります。2013年からは日産「NV100クリッパー リオ」としてもOEM供給されています。

エブリイワゴンのポイントは4名乗車が可能なところです。運転席側リアシートをたたんで車椅子を乗せることで、フロント2名と助手席側リアシート1名、車椅子の合計4名での乗車ができます。

車椅子のまま乗れる福祉車両中古車を選ぶときに気をつけることとは

車売卻 タイミング NG

まず、中古車を選ぶときには新車と違って個々の狀態が違うので注意が必要です。走行距離や年式、修復歴の有無などを調べましょう。年式によって安全対策が異なりますので、その點も考慮します。
ここからは、福祉車両を中古車で選ぶ際の注意點を具體的に解説します。

車のシートの方が乗り心地はよい

車椅子を車に乗せるとき、車椅子の固定はベルトで行います。その上で車椅子乗車の方には3點式のシートベルトで固定します。
しかし、乗り心地の面では車のシートに対して少し劣りますので、遠距離というよりは近距離移動向きです。遠くまで移動するときは、座席に移動することも視野に入れて車を選ぶようにするといいでしょう。
また、実際に試乗するなど、車椅子のまま乗った時の乗り心地を確認してみましょう。

萬一の時の安全性も考慮

福祉車両を中古車で選ぶ際は、専用のシートベルトがあるかなど、萬一の安全性を確認することも重要です。

近年では安全性能が充実している車種も増えています。例えば日産セレナでは、現行車種で「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」を裝備して高い安全性能を実現しています。ただ、中古車に必ず裝備されているとは限らず、セレナにエマージェンシーブレーキを裝備されたのは2015年以降です。購入するときはこれらの安全裝備も條件としてチェックするようにしましょう。

車椅子のまま乗れる中古車の選択肢を把握して最適な一臺を選ぼう

車椅子 散歩

車椅子のまま乗れる福祉車両は、軽自動車からミニバンまで様々なバリエーションから選択することが可能です。車椅子を2臺まで乗せられるものもあります。福祉車両の専門店もあるので、あらかじめチェックして購入しましょう。
ぜひ、今回ご紹介した中古車での福祉車両の選び方などを參考にして、最適な一臺を選んでください。

ドリキン土屋圭市MC!

チャンネル登録はこちら

もっとみる

カテゴリー

注目タグ

おすすめ記事デイリーランキング

2021.11.27UP

デイリーランキング

2021.11.27UP

最新記事

麻豆画精品传媒2021一二三区-艾秋麻豆剧果冻传媒在线播放 TOBU在线观看免费高清
大化| 定陶县| 乐山市| 攀枝花市| 西峡县| 黄平县| 安福县| 尚义县| 监利县| 辉南县|